伊勢リサイクルプラザ

お問い合わせ トップページに戻る

プラザニュース
プラザニュースリサイクルについて考えようリサちゃん通信施設のご案内
情報コーナー 環境学習会 出前講座 もったいない教室 イベントのご案内 グループ紹介

第32回環境学習会開催しました

6月3日(土)心地よいお天気 
さぁ、環境学習会が始まるよ~♪ 
今回は恒例「どうなってんの?私たちの出すごみ」 
今年で11回目

なんと!?伊勢市の家庭ごみの排出量は県内14市の中でワースト2位!! 
えっー!? うそっ!? 知らなかった~ 
ごみが増えると環境問題に発展していきます 
この現状を放っておくことは出来ません。

ごみの量を減らすには…  
・リデュース!(ごみを作らない) 
・リユース!(再利用する) 
・リサイクル!(もう一度資源に) 
この『3R』がとっても大事!!

さて、今回のテーマは今注目の“残さず食べよう30・10運動” 
みなさん知っていますか? 
「30・10運動」とは? 
 ①適量を注文する 
 ②乾杯後の30分は席を立たずに食事する 
 ③閉会前の10分間も席に戻り食事をする 
これらの事で食べ残しを減らそうとする呼びかけで、
2011年に長野県松本市から始まった運動が、じわじわ~と全国へ広がりを見せています。 
伊勢市でも「全国おいしい食べきりネットワーク協議会」に加入し、食品ロスに取り組んでいます。

 
講師に伊勢市環境生活部清掃課 ごみゼロ推進係 主事 東條 正和さんを迎え食品ロスについてお話いただきました

伊勢市と皇学館大学生が作成した子ども向けごみ分別ガイドブック「ごみモンスターをやっつけろ」をもとに、かわいいキャラクターのかもしかバスターズが
ごみモンスターをやっつける旅に潜入! 

子ども向けなのでとっても分かりやすく楽しく学べます 
このガイドブックは清掃課から市内の幼稚園、保育園、こども園の年長児を対象に配布されるそうです。

次は、粗大ごみ現場へ潜入! 
昨年8月から働いてくれている“安心カンカン”の現場へ

知ってた? 
導入されるまではスプレー缶は穴を開けて出さなければならなかったけど、安心カンカンのおかげで、現在は穴を開けずに出せるんだ中身が入ってても「入ってます」と貼り紙をすれば、そのまま出せるんだよ! 
楽ちんうれしい~ 
穴を開けるのって危険で大変だから助かるね

最後に質疑応答 
分かりづらい紙分別方法の説明もしていただき、満足!満足!

 こんな感じに使用済の紙袋に貼り紙をして分別すると 
 簡単に分別しやすくなりますよ 
 子どもにも簡単にでき、分別するのが楽しくなるね

 

 

 

みなさん、どうでしたか? 
外食時には「30・10運動」の実践!! 
家庭では「冷蔵庫チェック」「賞味期限の近いものからの消費」 
買い過ぎない!作り過ぎない!食べ残さない!食べキリ!使いキリ! 
“食品ロス削減”の取り組みを始めてみましょう♪ 
これからの世界を受け継いでいく次世代のためにも…

参加していただいたみなさん、東條さんありがとうございました。

第32回環境学習会開催します!!◆終了しました◆

どうなってんの?私たちの出すごみpart11sign03

内容sign03 
①残さず食べよう!sign03sign03sign03 
30・10運動-食品ロスについての話sign03 
(30・10運動とは、会食や宴会などで乾杯sign03後の30分間とお開き前の10分間は、席を立たずに料理を楽しむことにより、食べ残しを減らす運動の事ですsign03) 
家庭での食品ロスの削減には食べ物を、買い過ぎない・作り過ぎない・食べ残さないことが大切です。sign03 
②清掃工場の見学sign03 
③ごみ分別方法についての説明sign03

と き:平成29年6月3日(土) 13:30~15:00 
ところ:伊勢市西豊浜町653 
伊勢広域環境組合リサイクルプラザにて 
講 師:伊勢市環境生活部清掃課 
ごみゼロ推進係 主事 東條 正和 さん 
問合せ:☎0596-38-2800 
sign03参加費・事前の申し込みはいりませんので気軽にご参加ください。

第31回環境学習会開催!!

3月11日(土)sunお天気にも恵まれ第31回環境学習会開催note
今回は三重県水産研究所より主幹研究員・博士(学術)水野知巳さんにお越しいただき
実験を交えての楽しいご講義をいただきましたpencil
三重県水産研究所は?水産業の研究・指導を目的として設置された三重県立の研究所fish
世界で初めてイセエビの人工種苗生産に成功したんだよsign01スゴイsign03
  
book 開催前からたくさんの方々shine  今日はどんなお話しかなぁ~  
  楽しみhappy01
       
       

アサリが減っているsign03sad
私たちの慣れ親しんだ伊勢湾 wave
そんな身近な里海からアサリが消えようとしていますdespair
なぜsign02
海が汚れると...wobbly 
海の汚れをエサにして赤潮プランクトンが発生down
赤潮が死んで海底に溜まると、汚れを分解する時に大量の酸素を使うため、
深場の酸素が少なくなるdowndown
そんな場所ではアサリが生きていくことはできないsweat01
70年代のアサリの収穫はおよそ7,000トンsign03
現在はおよそ100トンsign01
伊勢湾の浅場は、昔と比べて大きく減ったweep
アサリを増やすには、酸素がたっぷり届く浅場を再生する必要があるんだsign01

  【実験】

右の写真の緑色の水は赤潮と同じ成分 wave

その中にアサリを入れる。
写真では解りにくいが、時間がたつと緑色から透明になります。
アサリが、赤潮プランクトンを食べることで水をきれいにします。
だから、アサリは伊勢湾に絶対必要な生き物なんだup


実験のあとはみんな楽しく童心に戻ってhappy01
fishcancerpisces ストラップ作り note

    

実験、工作を交えての学習会pen
楽しいひと時が送れましたheart04

私たちの知らない間に、身近な生物が減っていく...cancerpiscessnailfish
アサリの棲みかを増やすことも大切であるが、
なによりも私たちひとりひとりが、海に汚れを流さないことも重要sign01
工業排水よりも生活排水から来る汚れの方が深刻なのだから...

私たちの力ではどうにもならないかもとあきらめるよりも、
しっかりと環境問題と向き合って取り組んでいく事が大切ですね
今日から...いや、今から取り組んで行きましょうsign01
きっと、出来るはずscissors

     
水野さん、参加していただいたみなさんnotesありがとうございました。

pencil次回の環境学習会は6月3日(土)の予定です。
  お楽しみに wink

第29回環境学習会 好評開催!!

お天気sunにも恵まれhappy01                 

6/4(土)「第29回環境学習会」開催sign03
あなたはどちらを選びますか?
燃やせば...?億円の損down
分ければ...?万円の得up
このフレーズで始まった第29回環境学習会recycle
今回は、分別が難しい紙ごみについて学びました book

 

伊勢市の平成27年度調査によると、燃えるごみの中に資源物である紙類が、
14.5%も混入sign01bearing(市内のごく一部の調査結果)
この数字から計算すると...sign02
1年間で4,069トンの紙類が分別されずに燃えるごみとして焼却されたんだsign04crying
ごみ処理にもお金がかかるんだよwobbly
平成26年度、伊勢市がごみの処理にかかった経費はおよそ14億円sign03 えsign04bearing
1トンあたりの処理費は2万6,354円sign01
すなわち、その処理費用は1億723万4,426円sign01(一人あたり823円の負担)
スゴイ金額ですねsweat01sweat02
逆に、きちんと分別されrecycleリサイクルされたら...sign02
1,953万1,200円の収入になるんだよcoldsweats01
この数字を聞いたら分別するしかないsign03scissors
でも、分別難しいよねdown
少し参考になる物紹介しま~すnotes

      

 


このような紙リサイクルのマークか記載されていても資源ごみとして出せない物もあるよsign01
recycleリサイクルできそうでできない物sweat01
  ・飲料用紙パック(裏が銀色)
  ・ガムの包み紙(銀色)
  ・ヨーグルトの紙製カップ容器
  ・シール
  ・レシート
  ・写真
  ・米袋(使用した物)
  ・石鹸の箱
  ・粉洗剤の箱
  ・点字が書かれた紙
  ・シュレッダーダスト       ...など
粉洗剤、石鹸の箱なんてリサイクルできそうだけど...sign02 
知ってた~?
臭いが取り除けなくて、臭いが残ったまま再生されると不良品となるんだってdownwobbly

伊勢市には、約1,000箇所の資源ステーションかあります。
ごみ問題は、環境問題にもつながります。
次世代につなげるためにも、もっともっと資源を大切にし、リサイクルできる物はrecycleリサイクルし
私たち一人ひとりが少しづつ取り組んで行きましょうhappy01

最後に、お手伝いしていただいた伊勢市清掃課の方々、参加していただいた方
ありがとうございましたnote

※ごみの出し方は市町により異なります。
  詳しくは各市町へお問合せ下さい。

最新のエントリー 情報コーナー
全部見る
イベントのご案内
全部見る
もったいない教室
全部見る
出前講座
全部見る
環境学習会
全部見る